読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Amazon】買って良かった!素敵な自分になるためのケアグッズ

生活

 こんにちは\(^▽^)/

今回は、素敵な自分になるためのケアグッズをご紹介します。

続きを読む

【Amazon】買って良かった!捗るオススメ 簡単朝ご飯&おやつ&その他

生活

こんにちは\(^▽^)/

突然ですが、突然ですが皆さまは、朝型ですか?夜型ですか?

私は常に眠いのでどちらと言えませんが、朝は苦手です( ̄▽ ̄)。o0○

なので私にとって朝は、いかに長く寝ていられるかが重要なのです!しかし朝ご飯を食べずに仕事に行くと、お腹が空きます!!

朝ご飯を食べれば脳が活性化し、仕事も効率アップします。体温も上がりますしね~やっぱり朝ご飯大事ですね!

では時短にもなる朝ご飯をご紹介します~~

あと最後におやつのご紹介も少し(*´∇`*)

続きを読む

普通の映画に飽きた方へ!オススメB級映画10選

映画

f:id:muu03:20170126102848p:plain

こんにちは(^^)

今回は、私のおすすめB級映画を紹介させてください。

 

私の独断と判断でB級と言わせていただいているので、人によってはB級作品ではないと判断される作品もあるかもしれませんが、予めご了承くださいませ。

 

それでは紹介させていただきます。

続きを読む

映画『クリムゾン・ピーク』を観た感想

監督  :ギレルモ・デルトロ

キャスト:ミア・ワシコウスカジェシカ・チャステイントム・ヒドルストン

公開年 :2015(アメリカ公開)、2016(日本公開)

製作国 :アメリカ、カナダ

 

あらすじ

 20世紀初頭のニューヨークで小説家を志すイーディスは、実業家の父と2人で暮らしていた。イーディスは10歳の時に母親を亡くしており、その際に母親の霊に「クリムゾン・ピークに気をつけなさい」と警告を受けるが、幼かったイーディスは幽霊が自分の母親であったことも、警告についても理解できないまま年月は過ぎていった。

 ある日父親の会社に準男爵の称号を持つ(彼は没落貴族である)トーマスが自身の発明した粘土掘削機の投資を頼みに来たのである。トーマスはイーディスの小説を気にいり、二人の距離は近づくが、イーディスの父親はトーマスが気にいらず探偵を雇い彼を調べる。そんなとき、突然イーディスの父がバスルームで亡くなっているのを発見される。

悲しみに暮れ身寄りもなくなったイーディスは、英国に住むトーマスと結婚することになる。トーマスは老朽化が激しく進んでいる屋敷で姉のルシールと共に暮らしていた。一方、父の主治医でもあり、イーディスの幼馴染でもあるアランは、イーディスの父の死に方に疑問を持ち独自で捜査を開始する。

感想

 ジャンル的にはゴシック・ロマンスです。『パンズ・ラビリンス』で有名なデルトロ監督の作品ですが、私は、『アリス・イン・ワンダーランド』のミアの方がよく知っていてこの映画を観ました。笑 綺麗な人ですよねO(≧▽≦)O

幽霊出てくるので一見ホラー?と思われると思うのですが、ホラーではないと思います。怖くはないですね。ミステリーな印象が強かったかな。

屋敷は老朽化していますが、結構広いお屋敷なので探検したくなり感じです。笑 実際にイーディスも「お部屋はいくつあるの?」とトーマスに尋ねたりします。そんなに広いお屋敷なので秘密のお部屋があったり・・・笑

映画を観ていただくと「クリムゾン・ピーク」も何かわかります(。・ω・。)

衣装のドレスが凄く綺麗だったり、ミアのヘアスタイルがアップだったり、髪下ろしていたりと、どっちも美人なんですよ!ビジュアル的にも楽しめると思います。

映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を観た感想

監督  :モルテン・ティムドゥム

キャスト:ベネディクト・カンバーバッチキーラ・ナイトレイ

公開年 :2014(アメリカ、イギリス公開)、2015(日本公開)

製作国 :アメリカ、イギリス

あらすじ

 実在した人物アラン・チューニングが、第二次世界大戦下1939年にドイツの暗号「エグニマ」を解き明かす彼の波乱万丈の人生です。少年時代チューニングは、寄宿学校でいじめにあっていた。そんな彼を助けたのがクリストファーであった。クリストファーに勧められチューニングは暗号を解く楽しさにのめり込んでいき、後に天才数学者になりケンブリッジ大学の研究者になる。1939年イギリスがドイツに宣戦布告をし、チューニングは「エグニマ」を解読するチームの一員になる。

 人付き合いが苦手なチューニングはなかなかチームと打ち解けることができず、初めは1人で暗号を解読するマシーン”クリストファー”の開発に挑む。しかし新たな仲間を迎え不器用ながらも友好関係を気付き”クリストファー”を完成させていく。

 チューニングには人には言えない秘密があり、それもまた彼を内向的にさせ悩ませていた。「エグニマ」の解読のマシーン”クリストファー”を開発していく物語と同時に、当時の社会観や差別をも描かれている。

 

感想(ネタバレあり!)

 コンピューター、人工知能の概念を生みだした、アラン・チューニング。素晴らしい功績を果たしながらも長年、彼の業績は影に隠れていました。

物語はチューニングとクリストファーとの出会いから友人になりといった少年時代の話も随所に盛り込まれており、いかにチューニングにとってクリストファーが大事な人物だったか知ることができます。「エグニマ」を発明する天才数学者でありながら、時代の差別や偏見に悩まさていました。当時ではゲイは法律の違反の対象になってしまいます。彼は科学的に去勢を強いられ、最後には自ら命を絶ってしまいます。当時チューニングだけではなく数えきれないほどの人々が彼と同じ様に罰せられていたと考えると涙が止まりません。監督のティムドゥムは、この事実を無視しても映画を作成することは可能だったかもしれませんが、描くことで当時の不当な法律があったことを知ることができました。

チューニングは最後は命を絶ってしまいますが、そのシーンはありません。”クリストファー”のスイッチを切って、別れを告げ映画は終わります。チューニングにとってクリストファーが全てだったのだと感じました。

すごく泣きます。映画観た後も気持ちを引きずりますので、ご注意を。でも絶対1回は観るべき映画です!

1人でじっくり観たい映画『ミスター・ノーバディ』

映画

監督  :ジャコ・ヴァン・ドルマ

キャスト:ジャレット・レト、ダイアン・クルーガー

公開年 :2010(フランス・ドイツ・カナダ・ベルギー公開)、2011(日本公開)

製作国 :フランス・ドイツ・カナダ・ベルギー

あらすじ

 2092年、科学の進歩が進み人類は不死が可能となった世界。主人公のニモは118歳、人類の進化に逆らい、彼は最後の命に限りある人類であった。

死を目前にしたニモに不死の人類達は彼はどんな人生を送ってきたのか、どんな人間だったのか興味を抱く。ニモは医師から催眠術をかけられ過去の記憶を掘り起こされたり、また病院に忍び込んでくる1人の記者に一体どんな人生だったのかと問われる。

ニモが答えた人生はいくつにも分岐していた。記憶を辿るなかでニモは9歳の時に両親が離婚し、どちらについて行くかという選択で、彼の人生は決まるのである。

 

感想(ネタバレあり!)

 観ている最中は何が起こっているのか途中までわかりませんでしたーー

正直失礼ですが「何この映画?」とか思ってました。笑

でも観続けていると奥が深い映画だと気付きました。

9歳の少年ニモは両親の離婚によってどちらについて行くことが良いことなのか、誰と付き合ったらどうなるのか、この人と結婚したらどんな人生になるのか、どうしたら幸せになるのか、など様々な選択を考えます。人は何かを選ばなければ前に進めない、何を主軸に選べばいいのかは、自ずと分かるはず。おそらくニモは”愛”を主軸に選択の可能性を見出したのかなと思いました。

観終わった後の重い感じ、考えさせられる、余韻の残る映画でした。

話しは少しSFチックのようなファンタジーの様な不思議な感じでした。ちょっと夢の中にいるような展開もあり面白かったです。巨大な靴が家をつぶしたりとか。

映像は凄く綺麗でした。未来の映像も火星のシーンとかも好きでした。

誰かと観ても良いけど1人でじっくり観るのが私的にはおすすめです。

笑えてスカッとする映画『マラヴィータ』

映画

監督  :リュック・ベッソン

キャスト:ロバート・デ・ニーロミシェル・ファイファートミー・リー・ジョーンズ

公開年 :2013

製作国 :アメリカ、フランス

あらすじ

 フランスのノルマンディー地方の田舎に引っ越してきた、ごく普通の一般的なアメリカ人に見えるブレイク一家。しかし主人のフレッドは、実は元マフィアであり、家族でFBIの証人保護プログラムを適用されている。

組織に見つかりそうになる度にフランスの各地を転々と引越しをしている。そんな生活に家族は少し嫌気がさしている。笑 フレッドに恨みを持つ人間は少なくなく、彼を殺そうとマフィアのドンは殺し屋を送り込んでくる。。。

 感想

 リュック・ベッソン監督のです、私の好きな!笑

主人のフレッド役はロバート・デ・ニーロ、その奥さま役はミシェル・ファイファー、長女役はディアナ・アグロンglee/グリーのクイン役ですよ!)そしてFBI役はトミー・リー・ジョーンズと豪華です!これだけでも観る価値ありですね\(^▽^\)(/^▽^)/

 内容はコメディですかね。まあマフィアなので殺人とか銃撃戦とかありますが、グロかったりはしてないです。元マフィア一家なので、皆それぞれハチャメチャでぶっ飛んでます。笑 奥さまは、イラついてスーパー爆発させるし、長男ウォレンは入学して早々学校の裏のボスになって仕切りだしたり、長女も負けてない!笑 長女のベルは少し恋愛もあるので、彼女は純情なんですよ!ちょっとだけティーンエイジャーの切ない恋心も観られます(ρ_;)

観ててクスクス笑えるし、スカってする映画です。良い映画観たなて気分になります。笑 あ。ちなみに『マラヴィータ』は彼らが飼っている愛犬の名前です(* ̄∇ ̄*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村